スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
1バーナー ホワイトガソリン ストーブ
2006 / 09 / 09 ( Sat )
1バーナー ホワイトガソリン ストーブ
 コールマン 508A,500 等


●コールマン 508A
 小型で手軽に扱えるストーブです。
508A.jpg


 (a)点火方法:燃料(ホワイトガソリン)を入れ、てポンピング(30~50回)し、点火レバーを(右回しに)
  締めたままプリヒートします。
  手順はランタンや2バーナーストーブと同様なので、詳細は200Aランタンの項を参考にして下さい。
 (b)点火レバーを(左回しに)開いて、点火します。
  この機種は燃料調節バルブが無いので、点火レバーが燃料の開閉も兼用しています。
 (c)火力調節は点火レバーの角度でやります。微妙な調節や弱火はできないと思ったほうがいいです。
  五徳は小さくてちゃちな感じですが、小さなナベなら一応載ります。

●コールマン 500
 508Aよりかなり大型なワンバーナーです。508Aと比べるとこんなです。
20060911074050.jpg

 1950年代製造ですが、ネットオークション(ヤフオクなど)で時々出品されてます。
 燃料調節バルブもついているので、強火~弱火自由自在です。
 五徳もしっかりしてるので10インチのダッチオーブンもOK。
 ちょっと風に弱いけど、メインとして使えます。
20060909133617.jpg

 (a)点火方法:
  他のホワイトガソリン機器と同じです。点火レバーの向きは左向きが点火、右向きが使用状態です。
20060909133637.jpg


●ワンバーナーストーブの出番
 バックパッカーや釣り/登山など目的がはっきりしている簡易キャンプはともかく、2バーナーを使うオートキャンプではサブバーナーとしてテーブルの上でチョコチョコっとお湯を沸かしたりが多いですよね。
 ということで、面倒な白ガソリンよりカセットガス式の人気が高いのは尤もかもしれません(;´Д`A ``

 でも、でもぉ、、、、、
なんといっても形が可愛いしぃ、どんな寒冷地でも使えるし、いざとなったら普通のガソリンでも使えるから非常用品にもなるしぃ、安全性も高いしぃ、ということで是非一台は持ってみて下さい(o*。_。)o
スポンサーサイト
14:15:26 | ホワイトガソリン ストーブ (バーナー) | page top↑
2バーナーストーブ
2006 / 09 / 07 ( Thu )
2バーナーストーブ
Coleman 413(ホワイトガソリン)

…大きくて邪魔な荷物ですが、それをカバーして余りある働きをしてくれます(●^^●)
  …写真はcolemanの413G型ですが、その他の型も同様です…
20060907134415.jpg

スタンドの上にセットします。
ガタガタしないように底の凸部に合わせてスタンドの幅を調節。

20060907134447.jpg

(1)セッティング
こんな風に収納されてるのを取り出して、セットします。
20060907134500.jpg

タンクの金具を本体に引っ掛けて固定します。ジェネレータの先端がミキシング部の穴に(少し)入った感じになればOKです。
20060907134512.jpg

(2)点火
燃料(ホワイトガソリン)を入れ、ポンピングを50~100回。ジェネレータをプリヒート、点火します。
 ・点火手順はホワイトガソリンランタンとほぼ同様です。
  詳細はランタン(200A)の記事を参考にして下さい。
 ・点火レバーは点火時には上向き、火が安定したら下向きにするのが正式です。
  ただ、プリヒートを十分するなら、常時下向きでも問題なしです。
 ・点火前は燃料調節バルブを閉めて(右に回し切り)おきます。
20060907134523.jpg

★燃料バルブを閉めないでポンピングしたり、余熱不十分で点火すると、生ガソリンが噴出して黒煙が出たり、メラメラと燃え上がる<火炎ショー>になって危険ですヽ`(~д~*)、ヽ`

点火時には、サブバーナーのバルブも忘れずに締めておきます。(下図)
(3)サブバーナーの使い方
サブバーナーを使用する時だけサブバーナーのバルブを左に2~3回回して開け、チャッカマンなどで着火します。
バルブを閉めるとサブバーナーが消火します。
20060907134535.jpg

 ※サブバーナーの火力はメインバーナーよりも弱いです。
 ※燃料調節ツマミでの火力調節は両方同時に効いてしまいます。
 ※サブバーナーだけを点ける事はできません。メイン/サブの両方か、メインだけです。

(3)その他
 (a)フード外し
  テーブルの上に置いてBBQするときなどはフードが邪魔ですよね(・Θ・;)
  簡単に外せます。
20060907134545.jpg

  外したフードの本体との結合金具の拡大写真です。
  この横板で本体に引っ掛かっているので、これを外せば良い。
20060907134602.jpg

  上図を参考にして外してみて下さい。
  コツさえ分ってしまえば簡単。力を入れて無理やりという感じではありません。

 (b)鉄板を乗せて使う
  鉄板を乗せて使えます。
20060907134610.jpg


●バーナーの上部を覆い隠す様な大きな鉄板を使う時はタンクの過熱にご注意!
 特に、カセットガス式のバーナーの上に大きな鉄板を載せて長時間大火力で使う時は重々ご注意されたし。
14:38:54 | ホワイトガソリン ストーブ (バーナー) | page top↑
ちょっと便利な流用グッズ
2006 / 09 / 05 ( Tue )
キャンプ専用品ではないけど、便利です(^_-)v

●ゴミ袋ハンガー
20060905200439.jpg

クリーニング屋さんがくれるこれです。
ちょっと先を曲げて、こんな具合に使います。
タダだし、使いたい場所に何個ぶら下げても邪魔にならないし(^_-)v
20060905200457.jpg


●食器乾燥ネット

20060905200511.jpg

これ、釣り道具屋さんに売ってる魚の一夜干し用ネットです。
畳むとペッタンコになって便利。500円位です。


●調味料バッグ
20060905200520.jpg

これ、大工さんの小物部品入れです。
丈夫だし、中にたくさんポケットが付いているので醤油、ソース、油、その他なんでも立てたまま別々に入れられます。
簡易防水なので、万一こぼしても安心 y(^ー^)y
ホームセンターで1000円位で売ってます。


●洗剤入れ
20060905205248.jpg

100均で売っている取っ手つきネットです。
真ん中を縫って左右を仕切り、食器洗い容器を立てたまま入れられるようにします。
反対側には石鹸やスポンジを入れられます。
いつもぶら下げておけば洗剤が漏れ出さないし、ネット製なので洗剤や石鹸は出さなくても使えるし(^_-)v
汚れたら洗剤容器は入れたままでそのまま丸洗いy(^ー^)y
20:12:20 | 未分類 | page top↑
テーブルランプ
2006 / 09 / 04 ( Mon )
コールマンのテーブルランプ
ちょっとマニアックですが、使い始めるとやめられない (●^^●)v


20060904164431.jpg

これ、キャンプ用品ではなく、まだ電灯が普及していなかった1900年代初頭~1950年頃に家庭用として普及してたものだそうです。インターネットオークション(ヤフオクなど)で時々出品されてます。
燃料はホワイトガソリンです。

①マントルの装着は普通のランタン(200Aなど)と同じです。
 マントルは21A(200A用)が使えます。
 装着方法など、200Aの説明をご覧下さい。
 …っていうか、200Aの説明に使った写真は実はテーブルランプでした(^▽^;)
②燃料の注入とポンピング
20060904164614.jpg
ネジが2段になってます。下段は燃料注入口、上段がポンピング用です。
20060904164557.jpg

ファンネルは100均の漏斗でOK。ポンプは自転車用の空気入れで代用できます。
ポンピングは上段のネジを2~3回左に回してから50~100回程度。
ポンピングが終わったらネジを締めます。あれっ、うっちいさんっ左利きだったんだぁっ(゜∇゜ )
20060904164626.jpg

③点火や消火は普通のホワイトガソリンランタンと同様。ただプリヒートは長め(30秒以上)が必要です。

こんな感じで使います。
20060904164542.jpg

普通のランタンはテーブルの上に置くとまぶしいけど、テーブルランプはテーブルの上は明るく、目には全くまぶしくない優れものです。
一度使い始めるとこれのないキャンプの夜は考えられなくなりますよぉっ(#⌒∇⌒#)

でも、これはやりすぎです(;´▽`A``
20061002133923.jpg

17:03:20 | ホワイトガソリン ランタン | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。