スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
2バーナーストーブ
2006 / 09 / 07 ( Thu )
2バーナーストーブ
Coleman 413(ホワイトガソリン)

…大きくて邪魔な荷物ですが、それをカバーして余りある働きをしてくれます(●^^●)
  …写真はcolemanの413G型ですが、その他の型も同様です…
20060907134415.jpg

スタンドの上にセットします。
ガタガタしないように底の凸部に合わせてスタンドの幅を調節。

20060907134447.jpg

(1)セッティング
こんな風に収納されてるのを取り出して、セットします。
20060907134500.jpg

タンクの金具を本体に引っ掛けて固定します。ジェネレータの先端がミキシング部の穴に(少し)入った感じになればOKです。
20060907134512.jpg

(2)点火
燃料(ホワイトガソリン)を入れ、ポンピングを50~100回。ジェネレータをプリヒート、点火します。
 ・点火手順はホワイトガソリンランタンとほぼ同様です。
  詳細はランタン(200A)の記事を参考にして下さい。
 ・点火レバーは点火時には上向き、火が安定したら下向きにするのが正式です。
  ただ、プリヒートを十分するなら、常時下向きでも問題なしです。
 ・点火前は燃料調節バルブを閉めて(右に回し切り)おきます。
20060907134523.jpg

★燃料バルブを閉めないでポンピングしたり、余熱不十分で点火すると、生ガソリンが噴出して黒煙が出たり、メラメラと燃え上がる<火炎ショー>になって危険ですヽ`(~д~*)、ヽ`

点火時には、サブバーナーのバルブも忘れずに締めておきます。(下図)
(3)サブバーナーの使い方
サブバーナーを使用する時だけサブバーナーのバルブを左に2~3回回して開け、チャッカマンなどで着火します。
バルブを閉めるとサブバーナーが消火します。
20060907134535.jpg

 ※サブバーナーの火力はメインバーナーよりも弱いです。
 ※燃料調節ツマミでの火力調節は両方同時に効いてしまいます。
 ※サブバーナーだけを点ける事はできません。メイン/サブの両方か、メインだけです。

(3)その他
 (a)フード外し
  テーブルの上に置いてBBQするときなどはフードが邪魔ですよね(・Θ・;)
  簡単に外せます。
20060907134545.jpg

  外したフードの本体との結合金具の拡大写真です。
  この横板で本体に引っ掛かっているので、これを外せば良い。
20060907134602.jpg

  上図を参考にして外してみて下さい。
  コツさえ分ってしまえば簡単。力を入れて無理やりという感じではありません。

 (b)鉄板を乗せて使う
  鉄板を乗せて使えます。
20060907134610.jpg


●バーナーの上部を覆い隠す様な大きな鉄板を使う時はタンクの過熱にご注意!
 特に、カセットガス式のバーナーの上に大きな鉄板を載せて長時間大火力で使う時は重々ご注意されたし。
スポンサーサイト
14:38:54 | ホワイトガソリン ストーブ (バーナー) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。